阪神の女房 矢野燿大

現在阪神タイガースでバッテリーコーチを担当している矢野燿大さんの自叙伝。
矢野選手は人に恵まれた野球人生だったのではないだろうか。高校卒業後、関東の大学のセレクションに落ち野球をやめて就職しようか悩んでいたところを、お兄さんの助けがあって続けられることになった。そして、監督に縁があって東北福祉大学に一般入試で合格。
中日にドラフト2位で指名されたが、当時の中日は中村武志が絶対的正捕手でレギュラー奪取には到らずに阪神へトレードされる。阪神移籍2年目に監督に就任したのは野村克也で捕手としての哲学を学んだそうだ。
読んでいて驚いたのは移籍先の阪神は矢野選手よりも中村武志選手をトレード相手として希望していたとのこと。結果としては大成功だったと言えるだろう。
それと奥様とのラブラブっぷりが異常。家庭内でのバッテリーもベストナイン級だ。

阪神の女房

阪神の女房

 

 

進撃の巨人 23巻b諫山創

前巻は獣やライナーたちとの死闘から3年の時間経過を経て終わった。
今回の巻では3年後のエレンたちは一切出てこない。
マレー島で何が起こっているのかが描かれている。
新キャラのオンパレードだが、どのキャラクターも魅力的だ。
これまではエレンたちの住むパラディ島側の視点から物語が進んでいたが、マレー側からの視点で丸々1巻使っている。
戦争というのは一枚岩で起こるものじゃないというのがよく分かる。
パラディ島について家族に聞かれたときのライナーは辛かったろうね。
このまま話が進めば巨人の力がこの巻で登場した新しいキャラクターに受け継がれることになると思うのだが、果たして一体誰がその役を担うのか。
そしてアルミンが巨人化したら超大型巨人になるのか。気になって仕方ない。

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)

 

 

ヤンキー・スタジアム物語

 物語というよりは、時系列にヤンキースタジアムで起こった出来事と関係者の逸話を集めた詳しいwikiの様な本。

球場の構造や建築過程には触れていないため、そこらへんを期待して読むと残念な思いをするかもしれない。

野球選手のみならず、当該球場で催されたボクシングやアメフトの話も掲載されている。アナウンサーや球場スタッフ等裏方さんから見た思い出話が面白い。

ヤンキー・スタジアム物語

ヤンキー・スタジアム物語

 

 

ラスト・レギオン 最後のグラディエーター

新年一発目に見た映画がこれ。ネットフリックスで視聴。

クソみたいなスタートを切ってしまったという認識で間違いない。

チープな衣装、チープな殺陣、チープな小道具・セット。

セックスシーンすらも飛ばして見たくなる映画だった。

二度と見ることはないという意味で最後のグラディエーターだった。

 

進撃の巨人 21巻

 ついに…地下室の秘密が明かされ…ジークはエレンの…

面白い。というか1回読んだだけじゃ理解出来なくて3回読んだぞ。

いやー意外だった。

進撃の巨人(21) (講談社コミックス)

進撃の巨人(21) (講談社コミックス)

 

 

おくさまが生徒会長!+!の聖地巡礼 釧路

ニコニコ動画おくさまが生徒会長!+!を観た。

するとEDで我が町釧路が登場しているではないか。城山にある仏舎利塔と幣舞橋からみるMOOの眺望だった。せっかくだし、行ってみたのである。

仏舎利塔

f:id:kawasaka:20161014140320j:plain

f:id:kawasaka:20161014125008j:plain

登場人物目線

f:id:kawasaka:20161014125056j:plain

裏側にぐるっと回ってみたら補修工事中の様だった。

f:id:kawasaka:20161014125213j:plain

駐車場は2台が限度。と言うか2台でも出車するときは苦労しそうだ。

続いて幣舞橋

f:id:kawasaka:20161014140705j:plain

f:id:kawasaka:20161014131046j:plain

f:id:kawasaka:20161014131018j:plain

MOO側から見る現場の風景

 

f:id:kawasaka:20161014131215j:plain

ついでに幣舞橋近くにある出世坂

f:id:kawasaka:20161014131818j:plain

出世坂の下りの眺望。降りていっても降格はしない平社員の鑑。

f:id:kawasaka:20161014131947j:plain

釧路はとにかく夕陽が綺麗な町なので、夕方に行くことをお勧めする。しかし幣舞橋は分かるけど、仏舎利塔をチョイスしたのは誰なのか。私も初めて行きました。

 

おくさまが生徒会長!: 1 (REXコミックス)
 

 

日本人投手がメジャーで故障する理由 小宮山悟

著者は千葉ロッテ横浜ベイスターズニューヨーク・メッツで活躍したプロ野球選手の小宮山悟

小宮山さんのプロ5年目のシーズン途中に肘の故障が発生する。手術するか、治療とリハビリを併用して復帰を目指すかの選択に迫られる。後者を選択し、戦列復帰するわけだが、完治したわけでなく肘の痛みと付き合っていた。
アメリカではリトルリーグの子供たちは試合での勝敗や技術は度外視され、無茶な勝利至上主義のような起用方法はされない。技術を磨くのは身体は出来上がってから。
小宮山さん自身は肘を怪我してから`おとなしく投げる`ピッチングフォームに変更した。当時のロッテはバレンタイン監督が就任した年で、トム・ハウスが臨時指導。「ノーラン・ライアンのピッチャーズバイブル」の著者でもある(ライアンと共著)。"おとなしく投げる"="正しいピッチングフォーム"を身につけることで身体に負担をかけず、故障のリスクを減らす。日米のボールの違いやウエイトトレーニングの効果も分かりやすく書かれていて面白い。日本では牛の皮、米国では馬の皮が公式球に使用されていると初めて知った。
ローテーションピッチャーの調整法やバレンタイン監督が小宮山さんに強く影響を与えていた話、メジャーリーグを1年過ごした際に感じたこと等興味深く楽しんで読めた。

日本人投手がメジャーで故障する理由

日本人投手がメジャーで故障する理由